リクルートエージェント公式サイトはこちら 対応エリア 運営企業 対応 特徴
日本全国
株式会社 リクルートキャリア

本社:東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
・正社員
・契約社員
・派遣社員
求人業界最大手のリクルートが運営してる転職エージェント。非公開求人数も業界最大規模なので初めての方ここで登録しておきたい。現在はTOEICテスト700点以上の方向けの紹介に注力されてる。

総合的に見ると、満足しています。悪かったところとよかったところを挙げていきます。 まず、悪かったところが、期間の融通を利かせてくれなかったところです。 私はエージェントにサポート依頼をした当時、前の会社であと半年ほど経験をつんでから次の会社に移ろうと考えていました。そのことを担当者にお話したところ、サポートは通常3ヶ月なので、始めの3ヶ月はサポートするけれど、あとに関しては消極的との旨をおっしゃり、できるだけ早く転職活動を開始するように丸め込まれました。結局きっちり3ヶ月で転職先が決まったので、担当者側は安心していると思います。 よかった点は、とにかく楽だったところです。もともとは一時面接から本社にいく必要のあった会社も、遠方ということでスカイプにするように頼んでいただいたこともあります。スケジュール調整を担当者にお願いできるので、交渉が必要なく、その点ありがたかったです。優しい担当者に当たったのか、面接直前に応援の電話をいただいたこともあります。 もし次の転職の機会があれば、またお願いしようと思います。 (めぐさん・25歳・女性)

はじめての転職のときに、リクルートエージェントを活用しました。担当してくださったのは、30代の女性で、とても話しやすくて聞き上手な方でした。 リクルートエージェントを利用した一番のメリットは、求人数の多さだと思います。他のエージェントとは違って、大手企業からベンチャー企業まで、さまざまな求人を紹介して下さいました。また、紹介するだけでなく、私の今後のキャリアを考えて、どんな企業が良いかアドバイスを下さり、とても参考になりました。 また選考の状況報告や、面接日の設定のときもこまめに連絡を下さって、とても助かりました。在職中での転職活動ということを考えて連絡をして下さり、その心遣いが嬉しかったです。 求人の多さやこまめな連絡など、全体的に丁寧な対応で満足しています。 (あさみ・25歳・女・職未記入)

大学時代の就職も「リクナビ」を通して行い、転職活動も自然と「リクルートエージェント」を選択しました。 紹介数の多さとネームバリューも魅力でした。 初回の面談では、丁寧に転職をスタートする際の準備や履歴書や職務経歴の書き方も教えて下さいました。 当時は、新卒後2年以内での転職だったため、不安ばかりだったのですが、安心して任せられる印象でした。  書類選考が通り、最初の面接が決定した際には、模擬面接も行っていただきました。 自分自身を客観的に見る機会がなかったので、説明不足な点や不要な点・さらに生かせる点が明確になりました。 最終面接まで行った企業では、面接前日に祖父が亡くなり面接に参加が難しくなり1度面接をお断りすることとなったのですが、担当してくださった営業の方が熱意をもって私を推薦してくださり、再度最終面接の機会を与えて頂き、見事内定をいただきました。 現在も、その企業で勤めております。 人としてもとても信頼のある方ばかりで、もしまた転職するとなった場合も利用したいと思っています。 (はるぴょん/29歳/女性)

主人が転職の際にリクルートエージェントを利用して満足する転職先を見つけることができていたので私も自身の転職の際に利用させていただくことにしました。とにかく面倒見が良い、というのが一番の印象です。転職活動の最中に思わぬ疾患が見つかり、手術を受けることになりました。気持ちばかりが焦る中、担当の方が親身になって相談に乗ってくれました。術後の回復が思うように進まず、転職を諦めようかと弱気になることも何度もありましたが、根気強く励まし続けてくれて長い転職活動を乗り切ることができました。 他のエージェントを利用したことがないので比較はできないのですが本当に良い転職先を見つけることができて感謝しています。満足・納得の転職活動でした。

IT業界の転職で、リクルートエージェントを使わさせて頂きました。 リーマンショックと時期が重なった事もあり、結果としてご紹介頂いた企業に就職する事は出来なかったのですが、大変に親身に相談に乗って頂けました。 その時のことを、ご紹介させて頂きます。 どこのエージェントでもそうなのですが、面接で私のスキル・希望を把握してから、企業を紹介して頂きました。 面接を受けた企業にも、私の長所を推して頂きました。 web上で企業を紹介して頂き、気に入ればその旨をweb上で登録すると面接の手続きをして頂けます。 紹介して頂いた企業が、私の希望とマッチしないため、そのままにして置くと、電話で「なぜ、面接手続きをしないのですか?」と執拗に聞かれました。 希望とマッチしない場合は、必ずその旨をWEB上に記載し、辞退する旨を書かなければなりません。 尤も、社会人として基本的なマナーなのですが… 結局、希望にマッチした企業を自分で見つけ、そこに入社しました。 私に限らず、自分の希望通りの企業を、紹介して頂くことは難しいようです。 ですが、リーマンショックの中、40社ほど紹介して頂いた事は、非常に感謝しています。 これだけの企業の情報を持っているのは、リクルートならではと言えるのでないでしょうか?(トムさん・34才・女・職未記入)

私は、最初からリクルートエージェントを利用しようと思っていた訳ではなく、Webに登録するものや、地域に根ざした転職エージェントなども試してみました。しかし、最終的にリクルートエージェントを利用することにしたことには次の3つの理由があります。 1つめは、紹介される求人の数と紹介の質の高さです。他の転職エージェントでは、2、3件の希望とはほど遠い求人から選ぶしかないものでしたが、リクルートエージェントでは初回で10件以上も紹介され、選択の余地が広がりました。 2つめは、エージェントのレスポンスの良さです。状況が変わる中でのスケジュールの調整も、日々連絡を取りながらスムーズにしてもらえたため、現職を続けながらの転職活動を比較的楽にすすめることができました。 3つめは、面接前後のサポートのよさです。面接前に、志望した会社の面接内容や雰囲気を知らせてもらえるので心の準備ができたことと、面接後は面接官から私への印象がどうだったのかもタイミングがよければ聞くことができました。 リクルートエージェントで転職活動をした結果として、私は活動を始めて2ヶ月足らずで希望の会社から内定をいただき、十分な引き継ぎを終わらせて転職することができました。(capsuleさん 32歳 女性)

最初はリクナビNEXTに登録し、その中で紹介されていたリクルートエージェントに登録しました。 すぐに担当の方から連絡がきて面接の日にちを設定し、面談しました。 とても親身に相談にのってくれ、私が現在の仕事のどのような点に不満を持っているのか(処遇・給料・勤務状態など)を分析して、次はどのような職種を目指すのかが話していると明確になっていきました。 紹介して頂いた転職候補先も私の条件とある程度一致していて、NEXTサイトには載っていない先も紹介して頂けました。ただ、紹介の頻度が多く、現職には内緒で転職活動をしていたので試験や面接などの日程を合わせるのが大変でした。ただ、その日程調整も担当の方にして頂けるので、その部分は気をもまなくて良かったので助かりました。連絡がくる頻度は物凄く多かった気がします。現職にバレないかと肝を冷やす事もありました。でも、担当者の方含め皆さんとても親切に「転職を支援しよう」という意気込みが伝わってくる会社だったと思います。 (けいえむさん・26歳・女性)

担当の方がとても親切で自分でも気が付かなかったキャリアの棚卸しをやっていただいたので助かりました。他のエージェントでは年齢で断られましたがこちらは親切に対応いただけました。(ささきのり・40代・男性)

 

初回の面談と紹介までは早かったです。そのときに紹介していただいた案件(2件)のうち1件は選考落ち、もう1件は希望の職種とだいぶちがっていた(業界や条件等はマッチしていた)ためこちらからおことわりしました。その後はしばらくまったく音沙汰がなく、けっきょく別の転職サイト上でオファーをいただき、無事に転職できました。このあたりは担当するひとによってだいぶ差があるのでいちがいにはいえませんが、もうちょっとマメに案件を紹介してくれてもよかったかな、と思います。単に希望とマッチする案件がなかっただけかもしれませんが……(ちなみに、それほど特殊な業界・業種を希望していたわけではありません)。エージェントの利用は働きながら中長期的に転職を考えているひとにはいいかもしれませんが、すぐに転職したいひとや退職後の就職活動には向いていないかもしれません。(ぱきゃぱきゃさん・31才・男・会社員)

登録してすぐに担当者の方と面談をしました。こちらの希望条件や今後の転職活動の方針などを話し合い、その場で私に向いているいくつか非公開の求人情報を出していただけました。その後も何度か求人情報をいただいたのですが、あまりピンとくるものがなかったので、思い切って「大手の会社に行きたい」と言ってみたら、希望どおりの会社を紹介していただき、最終的に採用までたどりつけました。正直、あまり担当者の方との相性はよくなかったのですが、さすが業界大手のエージェントだけあって案件数は多かったと思います。(元バリ・30代・女性)

去年の6月にリクルートエージェントで転職活動をしていました。学生時に内定が取れないままだったので、何がしたいのか、何が自分にできるのかもわからなくなっていた状態でした。その時に、第二新卒者の就職をサポートしてくれるシステムがあるリクルートエージェントに申し込みをしました。最初は、一度就職した経験がなければダメなのかもと悩みましたが、面談の申し込みをすることにしました。  面談では、学生の時にどこを受けたかや、その時書いたエントリーシートを見てもらいました。相談した結果、事務の仕事をやってみようということになり、求人情報を見せてもらいました。一緒に面接でいう事の作成や、学生時代にとった簿記の資格のアピール方法などを教わり、後後に求人先にて面接をしました。  結果は不合格でしたが、じぶんのやりたいことが見えてきて、その後自分で探した求人で事務の仕事をしています。(元バリ・30代・女性)

海運業界での転職を目指していたのですが、残念ながらその分野に詳しい営業の方はいらっしゃいませんでした。 1社だけ海運関係の会社があったので、書類先行にかけて頂いたのですが、経験者なので当然面接まで行くと自信をもっていたのですが、書類先行で落とされてしまいました。 どうしても納得がいかなかったので、エージェントの担当営業マンに今後の参考にするために、書類先行で落とされた理由を聞いて欲しいと頼んだところ、面倒だったとは思いますが、先方に聞いてくれたりしたので、結構営業マンの方には良い印象をもっています。 他にも英語を使った仕事が出来ればと思い、メーカー、商社など数社を紹介してもらい、実際面接までした会社もありました。 私は平行してハローワークでも転職活動をすすめていたので、結果的にそちらで内定を貰った会社へ就職してしまったのですが、エージェントの営業の方は、頻繁に案件を紹介してきてくれますし、なんとか転職を成功させようという意気込みを感じました。 登録も土曜日や平日の遅くもやっているので働きながら転職活動をすすめている人も 会社に知られることなく無駄に休むことなくすすめることができると思いました。 今派遣社員をしていて、正社員を目指そうとしているので、今後お世話になりたいと思っています。(ももっちさん・年齢性別未記入)


他の人の口コミにもありましたが、人を見て対応をしているようで、 即、自分達の利益にならないと判断した求職者には雑で事務的、適当な対応です。 私の場合、登録して翌日に、企業の細かい希望条件があり、あなたに紹介する案件は無い。と言うメールが来ました。 追記で転職のアドバイスはすると記載があったため問い合わせをしましたが適当で投げやりな対応でした。(ブレンダさん・40代・女性)

転職回数が増えたのはリクルートエージェントの原因もあります。 リーマンショック後、求人は少ないだろうと相談しに行きました。 しかし、今しかないです!今辞めるべきです!と言われ、そうなのかなと思い辞めました。結果、求人なんてありませんでした。 社会人として、世の中のことをよくわかっていなかったことが一番悪いですが、この一言がなければ、会社は辞めていません。 求人がないというわけではないですが、求人は他社よりたくさんあるのは確かでしたが、結局決まらないままで終わってしまったです。 担当者が悪かったのでしょう。100人以上のマネージメントがありますとか自慢していましたが、職務経歴書も非常に適当で、他のキャリアアドバイザーにみせると適当すぎと指摘されたくらいです。(こまるさん・27歳 女性)

マスコミ業界を希望していたが、なかなか内定がとれなかった私は、だんだんふさぎ込みがちになっていった。だが、このままではいけないと思い、エージェンに登録。すると、いろいろと悩みを聞いてくれ、元気づけられ、再びやる気が起きていった。また、エージェントからは私の希望職種は「希望はクリエイティブ職」という風に定義され、「そうであれば、こちらもおすすめです……」とシステム関係の営業やSEの仕事を紹介してもらうようにもなった。一般企業のPR部門の求人もいくつか紹介してもらったが、その後はIT系の会社もいくつか受け、そのうちの一つのベンチャー企業に就職した。今思うとうまくのせられたものである。 自分も馬鹿だったのだが、これが最悪の選択だった。ブラック企業だったのだ。出勤日初日に、社長からは有休は使うなと伝えられ、朝は8時前には出勤し、準備等も全て終わらせているようにと伝えられた。だが、毎晩帰るのは終電。社長の方針もコロコロかわるし、年金や健康保険も入っているとはいうのに全くその書類(保険証など)をこちらに渡さないし、最悪だった。 同じエージェントを通して入社した同期も、「なんで第一希望の業界が違ったのにここに来ちゃったんだろう……」と嘆いていた。のせられた自分も馬鹿なのだが、やりきれなくて結局自力で再び就職先を探し、そのブラック企業は3ヶ月で退職している。退職の際も個室に社長と二人きりで40分以上の形式上の面談だけしたが、内容は、愚痴や怒り、これまでの会社の離職者や、自分の夢などをかなり一方的に語られた。最終的に今回辞めるなら、会社がエージェントに払った報酬を支払えと言われたが、そんな話は契約上もなかったので、支払っていない。 思うに、エージェント側には業績を上げていきたい業界があって、そこに多く求職者を紹介していきたいのであろう。一度、「つらい。こんなブラックなら転職したい」とエージェントにメールしたが、「つらいのははじめだからかもしれません。でも心配なので、もしよければ悩んでいることをお話しください」と返ってきた。うれしかったが、「ここの求人を勧めてきたのはこの人なんだよなあ」と思うと、そのあと連絡できなかった。まんまとうまくのせられたが、もうブレたくないしあんな思いは二度としたくないので、転職活動をするにも今後はエージェントは利用しないだろろう。(草男さん・年齢無登録・男)

大手のため確かに案件は豊富でしたが、未経験者の私にとって紹介していただけるような案件はありませんでした。また、職歴を見て「紹介できる案件はありません」とのメールのみで終わってしまい、エージェントの方に相談もできず残念です。  時間の空いたときに携帯のサイトから仕事のチェックをしていましたが、就業時間、給料・報酬、福利厚生など他のサイトと書かれていることが違いどれが正しいのかわからなくなる時がありました。(ぽいっぽ 31歳 女性 )

まずは当たり前ですが自分の経歴やスキルを登録しました。 退職日が確定していなかったので、スケジュールはかなり余裕がありました。 その為、のんびり担当者からの連絡を待ちました。 数日後に担当者より連絡があり、打ち合わせの日時を調整しました。 約束の日時に訪問して担当者と転職条件に関して、詳細に打ち合わせをしました。 その場では担当者より、現状の転職市場について説明を受けました。 当時は、まだまだ買手市場だったので、なかなか好条件での転職は難しいので、その場で希望に沿った求人の提示はありませんでした。 今後、希望に近い求人があった際に、随時連絡を頂くことになりました。 数日してから、いくつかの求人の連絡が届きました。 思っていたよりも多くの連絡がありましたが、業務内容と条件が一致しなく、たまに希望に近くはなかったですが応募して面接もしました。 しかし、買手市場だけあって条件は非常に厳しいものでした。 その為、一旦転職は諦めました。(ボブさん・36歳・男)

求人を紹介してもらうための面談にて担当者が上から目線で、希望の求人が紹介できない可能性が高いという話を受けたものの、その後紹介をお願いすると、面談担当者と紹介担当者は違うようで、希望内容や所持資格などが共有されておらず、希望でない求人ばかり紹介された。また、自動システムにて求人を紹介しているようで、以前断った案件を複数回紹介されるなど不信感を持つようになった。ようやく希望に近い求人が紹介され、応募するものの社内の選考が厳しいのか、他社では面接まで進むような案件も、まったく面接にすら進むことがなく、非公開求人を流し読みするためだけの利用になっており、登録しただけ無駄な状態である。求人内容やシステムに関しての不満を伝えるとメールでのみ、複数の担当者から謝罪があったが、誠意を感じられず、次の機会には利用しないことを決めた。(てんかつなう・29歳・女性)



 リクルートエージェントの公式サイトはこちら



【クチコミ大募集!】
@クチコミする転職エージェント名
Aニックネーム・年齢・性別
Bクチコミ(できるだけ具体的に)

jobagent@kuchi-hikaku.net
まで投票ください。